FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EF10 24号機 関門仕様
EF10丸型車体の中で 24号機は唯一ボディがステンレス化された無塗装の車体で関門トンネル専用機として活躍しました。
このカッコ良い24号機に注目し今回KATOのEF10を改造して24号機関門仕様を再現しました。KATO製品は23号機をモデルとしているので、ライトの基部が張り出しています。まず最初に塗装を落とします。
主な改造点
1.ライト取付張り出し部をカットして成形
2.関門当時は避雷器は装備していないので、屋根の避雷器取
付突起をカットし成形
3.パンタを黒塗装
4.デッキの手すりを白塗装
5.ジャンパ栓取付
6.ナンバープレート(キングスホビー)メーカーズプレート(ワールド工芸)関門仕様に変更
EF10(1).jpg

今回の改造の参考にしたDF
EF10(2).jpg

ライトを点灯させるためプリズムの穴を後方に移動
EF10(3).jpg

カットした部分をパテ埋めして成形
EF10(4).jpg
EF10(5).jpg

サフェーサーで下塗り
EF10(6).jpg

製品のままシルバー塗装したボディ(右)との比較
EF10(7).jpg

デッキの手すりを白塗装しボディを仮組
EF10(8).jpg

ライトの点灯状態を確認してみる
EF10(9).jpg

メーカーズプレート(ワールド工芸)をグリーン塗装して磨きだし
EF10(10).jpg

完成!ステンレス24号機は実車の写真が少なくて良く分からない所がありますが、屋根の色は推定でライトグレイとしました。
EF10(11).jpg
EF10(12).jpg
スポンサーサイト
copyright © 2019 ばんげ鉄道Nゲージ広場 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。