スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
或る列車
或る列車、サフェイサーを吹いて細かなヒケやピンホールをチェックして修正し、再度表面の下地を仕上げます。1号車キロシ47はツヤありブラックで塗装済、ゴールド塗装するのですが昨日今日と天候が雨なので塗装中止、前面の髭状の飾り手すりを制作しました。

或る列車(2)2

或る列車(2)1

或る列車の正面画像
1449285909651.jpg

ヒゲ状の飾り手すりを制作するため、ちょっとした治具を自作
或る列車手すり1

或る列車手すり2

或る列車手すり4

或る列車手すり5


左右のバランスを調整するため木版に0.3mmの穴をあけて、手すりをセットしてみる。
或る列車手すり6
スポンサーサイト
或る列車
Tomixのキハ47を改造して「ある列車」を制作中です。
模型工房たぶれっと製の上質な素晴らしいデカールを使用します。ヘッドのライトを追加加工しますが、どうのように点灯させるか思案中です。ゴールド塗装も調色してみますが、実車に近いカラーができるか、悩み、楽しみながら制作中です。

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

ドア窓のステンドグラス風の表現も実感的
7.jpg

8.jpg
EF10 23号機 関門仕様
先月、KATOからEF10―24号機ステンレス無塗装の関門タイプが発売されました。24号機は既に作製済なので、今回は23号機を作製してみました。23号機の関門当時の貴重な画像を入手したので、その画像を参考にしています。
前回24号機の作製時と同様に
1.張出ライトのステーをカットして整形
2.今回は前面の手すりを0.2mm真鍮線を加工して、それらしく再現
3.関門当時はデッキの手すりは白塗装(実車写真を参考)
4.ジャンパ詮の取り付け
5.信号煙管取り付け穴埋め、避雷器取り付け基部削除
6.パンタは実車写真では無塗装のように見えますが、塩害防止の観点から黒に近いダークグレーで塗装されている可能性があります。
7.ナンバープレート(キングスホビー)、メーカーズプレート(ワールド工芸)を使用
8.塗料はモリタのぶどう色を使用

EF10 1

EF10 2

サフェイサー下塗り
EF10 3

EF10 4

EF10 5
EF10 6


デッキの手すりを白塗装
EF10 7

EF10 8

EF10 9

EF10 11

EF10 12

EF10 13
長野電鉄(1)
8月10日、平成24年に廃止された長野電鉄屋代線、信濃川田駅を訪ねてきました。見晴らしの良い風景の中の駅舎はどことなく寂しげな雰囲気でした。

ポツンと1両留置されているモハ1003
長電1

長電2


昭和24年製造プレート
長電3

長電4

こちらは2000系、塗装が剥がれ落ちて錆が出ています。
長電5

長電6

長電8

長電9

駅舎
長電10
会津訪問記(2)
只見線、塔寺の次の駅「会津坂本」です。田園風景の中で貨車(ワラ)が待合室になっています。外板に一部錆が出ていますが、地元の人が掃除しているのでしょうか、室内は清潔で、塔寺駅もそうでしたが、地元の人々が駅を大切に管理している様子が伺えました。

会津2 (1)
会津2 (2)
会津2 (3)
会津2 (4)
会津2 (6)
会津2 (7)
会津2 (8)


無人駅「柳津」の広々とした待合室でポツンとひとりベンチに座って上り列車を待つ地元のお婆ちゃん(撮影許可を得ています)坂下に行くそうです。
会津2 (9)


柳津駅に入線してきたのは只見ユネスコエコパークラッピング、キハ40でした。
会津2 (10)
会津2 (11)
会津2 (12)
会津2 (13)
会津2 (14)
copyright © 2017 ばんげ鉄道Nゲージ広場 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。