会津訪問記(2)
只見線、塔寺の次の駅「会津坂本」です。田園風景の中で貨車(ワラ)が待合室になっています。外板に一部錆が出ていますが、地元の人が掃除しているのでしょうか、室内は清潔で、塔寺駅もそうでしたが、地元の人々が駅を大切に管理している様子が伺えました。

会津2 (1)
会津2 (2)
会津2 (3)
会津2 (4)
会津2 (6)
会津2 (7)
会津2 (8)


無人駅「柳津」の広々とした待合室でポツンとひとりベンチに座って上り列車を待つ地元のお婆ちゃん(撮影許可を得ています)坂下に行くそうです。
会津2 (9)


柳津駅に入線してきたのは只見ユネスコエコパークラッピング、キハ40でした。
会津2 (10)
会津2 (11)
会津2 (12)
会津2 (13)
会津2 (14)
スポンサーサイト
会津訪問記(1)
7月10日、只見線下り会津坂下の次の無人駅「塔寺」を訪問してきました。10年くらい前は古びた板張りの倉庫のような建物でしたが、今は改築されて画像のような建物になっています。坂下町市街地を抜けたところにある駅ですが駅前には何もなく秘境駅とも言える景観で、渋い雰囲気を醸し出していました。

IMG_2132.jpg
IMG_2133.jpg

階段を登るとホームに出ます。
IMG_2134.jpg

会津若松方向
IMG_2136.jpg
IMG_2138.jpg

只見方向
IMG_2139.jpg

駅前広場、何も無し
IMG_2141.jpg

国道から駅までの登り坂 うっそうとした樹木に囲まれ、結構距離があります。
2017y07m12d_095712313.jpg
東越本線
当ブログのリンク先、東越本線さん(U氏)の自宅に訪問し自作レイアウトを見学させていただきました。
氏はNゲージ歴数十年のベテラン(若いですが)で、一級の模型工作技術と豊富な知識と経験を備えた素晴らしいセンスの持ち主です。今回、私の持参したDCを並べてその全体像を撮影しました。
レイアウトは未完成ということですが、時間をかけながら少しずつ、気が向くと作るというペースで進めているそうです。レールとポイントはPecoの製品をメインに使用し、ストラクチャーも気に入ったものを買い集めながら組み立て加工しセットしています。思いついたり、イメージしたものを実現していくという方法で、レイアウト制作を楽しんでいる様子がうかがえます。細かな部分にも氏の心配りとこだわりを感じ、このようなレイアウトが私の家にもあったらいいなと思わせる完成度の高い素晴らしい作品でした。

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg

IMG_2024.jpg

東越1 (13)
Tomix キハ40東北色
Tomixのキハ40東北本社色、只見縁結びセット、新潟色、新・新潟色、キハ48たらこ、に室内灯をセットしました。
キハ40はテープLED(ナチュラルホワイト)を5個に改造しています。

キハ40 (1)

キハ40 (2)

キハ40(3)

キハ40(4)

キハ40(5)

キハ40(6)




キハ40(8)

キハ40(9)


キハ48545只見縁結びは只見町が沿線の振興を目的に企画し、只見―小出間で運行されています。会津をイメージした紅色の車体には只見町と魚沼市にまつわるイラストが一筆書きで描かれていて、只見駅近くの縁結び神社として知られる三石神社にちなんで「縁結び列車」の愛称がつけられています。
キハ40(10)


キハ47新・新潟色
キハ40(11)
Tomix キハ40 東北地域本社色
Tomixキハ40東北色の衛星携帯電話アンテナパーツの塗装をしてみました。小さい部品ですがシルバー塗装後、アンテナカバー部分をマスキングしマットホワイトで塗装すると実感が増します。

IMG_1850.jpg

IMG_1856.jpg

IMG_1854.jpg
copyright © 2017 ばんげ鉄道Nゲージ広場 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ